水素水は赤ちゃん・ペットには危険?【安全性について】

さて、今回は水素が、赤ちゃんやペットに与える影響についてお話しします。

赤ちゃんやペットが水素を吸引するのは難しいと思いますが、自宅に水素水サーバーがあると、水素水を飲めますよね。
ここでは、「水素水」の安全性について解説していきます。

 

水素水は安全性に問題なし

Baby in White Onesie

結論から言うと、水素水の安全性は特に問題ありません。

 

そもそも水素水とは、水素を豊富に含んだ水のことであり、水道水や空気中にも微量の水素が入っています。

 

しかし、水素の効果を得るためには、水道水などでは水素の量が微量過ぎるため、水素水や水素吸引などで水素を摂取しないと、目に見える効果は現れません。

 

そもそも水素がなぜ安全かと言うと、普段の生活で触れている意外にも、もともと生物の生活に欠かせないものだからです。

 

 

人間を含む生物は、ごはんを食べて栄養を補給し、息をすることによって空気を体内に入れています。その栄養と、取り入れた水素が細胞に取り込まれ、細胞内にあるミトコンドリアが栄養素と水素を使って、エネルギー(ATP)を作ります。

 

エネルギーは絶えず作られており、細胞自体もどんどん生まれ変わっています。ちなみに、人間の肌は28日くらいで、全てが生まれ変わっています。

 

そもそもの生物が生きる上で、水素というものは欠かせないものであり、水素をたくさん取ることによって、細胞内に必要な栄養が行き渡り、細胞自体の働きが上がります。

 

ですので、生物は栄養と空気で生きていると行っても過言ではなく、水素は無害であり、取れば取るほど細胞が活性化します。

 

適正量はあるのか

Person Holding Drinking Cup Sitting

適正量には明確な基準はありません。

というのも、人間の身体にはおよそ60兆個のたくさんの細胞があり、水素をすみずみまで行き渡らせるには、すごく時間が掛かるからです。

また、人によって細胞の数が違ったり、サビついている細胞の数も違います。

 

数日、数時間ではなかなか効果が見られないのは当たり前で、最低でも3ヶ月くらいは継続して続けることが大切です。

 

水素を研究しているお医者さんによると、例えば数日程度の吸引など少ない量の摂取では、1,000万円の借金がある人に1万円渡すようなものだと言います。

 

継続して、出来る限りたくさんの量を摂取することにより、やっと目に見えた効果がでてくるようです。やはり、細胞から再生したものの効果は、短期的には分かりづらいようです。ですが、継続すると必ず効果は出てきます。

 

ちなみに、細胞に取り込まれなかった水素は、息や毛穴などから抜けていくので、取りすぎた日も安心です。

 

副作用はあるのか

White Rabbit Wearing Yellow Eyeglasses

水素には副作用はありません。

 

現在、何件もの臨床実験が行われていますが、1件も副作用が見られる危険な結果が出た実験はありませんでした。

 

ですので、赤ちゃんにも安心して水素水などを与えられます。また、水素を小さな頃から摂取した方が、細胞をサビつかせる活性酸素を除去してくれるため、より健康的に若々しくいられます。

 

もし、家に水素水サーバーがあるなら、細胞がサビつかせる速度が抑制されるので、小さな頃から積極的に水素を取り入れた方が良いですね。

 

 

もちろん、ペットにも人間と同じように効果があります。
ペットである犬や猫なども、人間同様にご飯から栄養素を取り入れ、呼吸によって水素を取り入れエネルギーを作り出しています。

 

ですので、同じように人間の水素水サーバーの水素水を与えても問題ありません。

もし、気になる方は、下記のリンクのような『ペット用の水素商品』もありますので、そちらを試すのもいいと思います。普段飲んでいるお水も、人間のものと変わらないかと思いますので、普通の水素水でも問題はありません。

【ペットの贅沢水素水】 

 

赤ちゃん・ペットにも水素を与えて、元気に長生きしよう

 

いかがでしたでしょうか。

 

水素には、細胞をサビつかせることを抑制してくれ、様々な生活習慣病から私たちを守ってくれます。

 

赤ちゃんやペットがいる方は、積極的に水素を身体に与えることにより、免疫力も上がり、より健康的に長生きすることへと繋がります。

 

ご自宅に水素サーバーや、吸引器がある方はぜひ赤ちゃんや小さなお子様、ペットにも積極的に水素を与えることをおすすめします!